どの金融機関からなら融資を受けられるかが、破産者がお金を借りる時には大事です。かつて自己破産をしたことがある人は、信用情報会社にその情報が入ります。金融会社は、新規の融資を行う前の審査で信用情報会社に照会をして、延滞や破産情報を確認します。破産者は返済能力が十分でないと判断されることから、新たに融資をする金融会社はまずありません。自己破産の記録は永久に残るものでは無いため、5〜10年間経過すれば削除されるようになっています。つまり、信用情報会社の情報が消去されていば、金融機関への新規融資は問題なく受けられるわけです。とはいえ、破産者の情報が信用情報会社にまだ残ってはいるけれども、何らかの事情があってすぐにお金を借りたいという人もいます。状況によっては、破産者の状態でも、審査をクリアし新規の融資が受けられます。信用情報機関の情報に比重を置いている銀行や、大手消費者金融会社では、新規の融資は期待できません。さほど規模が大きくない消費者金融会社は、場合によっては融資がOKになる場合があるようです。中小の場合はあまり宣伝をしていないため、口コミでどこであれば利用できるのか調べることができます。ただし、破産者の立場につけ込んで、高金利の貸し付けを行ってくるような非合法な金融会社もありますので、安心して借りられるところを探しましょう。葉酸サプリはいつから飲めばいい